社員「私の一言」

小林 広典
代表取締役社長
■趣味
ヨット

ご挨拶

 10数年も前のことですが、閉店時間近くのこと、あるお客様がお受けできない注文をされたことがありました。カウンター席が5〜6あるだけの小さな店でのことですが、男性のお客様は少し酔っておられたようで、店長の女性に「社長を呼べ!」と憤慨して言われたそうです。
 そうしましたら、その店長は毅然として、「私は社長からこの店を任かされています。だから私がこの店の社長です!」と一歩も引かなかったというのです。
「責任者」ではなく「社長です!」と言うところに、この店長の心意気を感じます。
 事実、とても責任感が強く、人一倍"ちから"への想いが強い方でした。お客様は、その迫力に圧倒されたのか、それ以上は何も言われなかったそうです。
 
 「代表者」というと、会社のトップを指すのが一般的かもしれませんが、お客様と接するのは社員一人一人です。つまり、お客様に限らず、お取引様他様々な場面で社員が会社を代表してきちんと対応してくれているからこそ、現在 の"ちから"があります。
 その様な想いから、『私の一言』は今後多くの社員から発してもらうことにさせていただきます。