会社概要

創立1935年6月(昭和10年)
資本金5,000万円
代表者代表取締役社長 小林広典
所在地広島市中区鉄砲町9-5
電話/FAX082-221-7050/082-223-6158
事業内容麺類・和菓子の製造販売、専門店チェーン展開(広島市内・近郊30店舗、呉市内1店舗)

自由な発想による店舗展開

ちからは、現在広島市内を中心に31のレギュラーチェーン店(直営店)を持っています。
一等地への集中出店という、外食チェーンとしては一風変わった独特の市場戦略には、理由があります。 社会全体の風潮が待ちの姿勢であるからこそ、良い条件をより多く活用出来ることに着眼し、あえて攻めの姿勢を示したのです。

この固定観念に捕らわれない店舗展開で経営が成り立つのは、本物の味を提供していることによるのはもちろん、商品の開発・管理、店舗の運営・管理において、微に入り細に渡って浸透している自社の手作り感覚が、お客様に受け入れられているからに他ならないと考えています。

 

ちから社員の真の姿は

「いらっしゃいませ」の声と共に、三角巾、エプロン姿で動きまわる当社の社員。実は我々の持っている顔はそれだけではありません。
現在、正規社員は店長として、地域に密着したお客さまから愛される店づくりに力を注ぎながら、一方では、新人教育、商品発注管理、出勤調整等、様々な店舗運営業務にも携わっています。
さらに本部管理メンバーになれば、人事、広報、商品開発、生産・品質管理、販売促進等々、一人が一つの職種に縛られず、本人の可能性に応じて何役もこなすことが実現されています。

様々な仕事を任されつつも店舗の仕事からは離れない、そのため個人が各店舗も含めた社内全体に及ぼす影響は多大です。
どれだけ周囲にプラスの影響を与えられる人間に成長できるか、それが我々の日々の仕事のテーマなのです。