もう予約した?節分におそばを食べるならちからの「招福そば」

「ちから」では、節分にあわせて3つの商品をご案内しています。

恵方巻きを2種類(恵方巻、エビカツ巻)と、「招福そば」と呼んでいる節分そばの3つです。

 

これらはいずれも節分の日にあわせた期間限定販売をおこなっています。

 

今回は「招福そば」について詳しくご案内をいたします。

2021年の節分は2月2日、いつもとちがうのはなぜ?

ところで、2021年の節分は「2月2日」として広く言われています。いつも2月3日が節分だと思っていたというのは思い込みで、実は固定された節目ではないそうです。

 

その理由は、太陽が地球の周りを1周する時間のズレが積み重なって起こってくるもので、4年に1度のうるう年で調整することがほとんどなのに、今年に限ってはその調整だけでは解消できないために節分の日付がいつもと違うように感じる現象につながります。

 

さらに正確にいえば、節分は「立春」の前日ですから、2021年の立春は2月3日ということでもあります。

 

ちなみに、節分が2月3日ではないのは、1984年2月4日以来の37年ぶり、2月2日となるのは1897年2月2日以来、なんと124年ぶりとなります。

なぜ節分に「そば」を食べるの?

ところで、節分といえば「恵方巻」を食べることはすっかりと定着していますが、「そば」を食べるという風習はどのように生まれたのでしょうか。「ちから」とお付き合いのあるそばメーカーに問い合わせたところ、次のように教えていただきました。

 

もともと節分そばは、節分の日に清めのそばとして食べて晴々しく立春を迎えるという風習で、現在も様々な地域で食べられています。

 

節分は、季節の変わり目をさす言葉で立春、立夏、立秋、立冬の前日はすべて節分ですが、一般的には立春の前日をさしています。立春の前日の節分は大寒の最終日で冬から春への節目の日。そのため江戸時代には大晦日ではなく節分を本当の年越し(立春が年の改まる日)という考え方があり、節分に食べるそばを年越しそばとも呼びますが、現在の大晦日に食べる年越しそばとは区別されています。

(出典:日穀製粉株式会社「知る・学ぶ・楽しむ」用語辞典 より)

ちからの「招福そば」のつくりかた

「ちから」の「招福そば」は、モンドセレクション食品部門において10年連続優秀品質賞を受賞した「ちからのだし」と、そば粉を5割以上配合した「そば」にあわせて、彩り鮮やかな「エビ入り野菜かき揚げ」を具材にしたあたたかいおそばとしてご用意いたします。

 

おまけに「福豆」をつけておりますので、おそばとは別にお召し上がりください。

 

ご自宅で簡単に調理していただけるつくり方を動画でご用意いたしました。

早期ご予約特典、あります!

今回、早期ご予約特典として、2月1日までに以下の条件を満たすご予約をしていただきましたら、「おはぎ」をひとつプレゼントいたします。

 

「ちから」自慢のだしで食べる「招福そば」のデザートに、おはぎもあわせてお召し上がりください。

【特典条件】

 

  • 「招福そば」と「ちからの恵方巻」または「エビカツ巻」を1つずつセットでご予約いただきましたら、1セットにつき「おはぎ」を1つ差し上げます
  • 特典の和菓子は「おはぎ」に限定させていただきます
  • 早期ご予約特典は、お受渡日前日までとさせていただきます

商品情報

■ 招福そば

  • 販売価格:500円(税込)
  • 販売期間:2021年2月1日、2月2日(※)
  • 販売店舗:「ちから」全28店舗(※)
  • 内容物:ちからのだし、ちからのそば(ゆで)、エビ入り野菜かき揚げ、福豆、七味唐辛子

 

(※) 「招福そば」は、スーパー「ショージ」様各店でも販売いたします。販売期間は2021年1月30日〜2月2日の4日間となります。