コンビニエンスストアと初コラボ! 「ローソン」で「ちから」監修の中華そば・カレー丼を発売

 株式会社ちから(本社:広島県広島市、代表取締役 社長:小林 正記、以下「ちから」)は、株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)とコラボして、「ちから」店舗で販売している「中華そば 伝や味」「カレー丼」をコンビニエンスストア「ローソン」向けの商品として監修しました。1月17日(火)から販売開始となります。

 

 「ちから」がコンビニエンスストアとコラボするのは今回が初めてです。

今回のコラボでモチーフとなった「ちから」の商品

【中華そば 伝や味(でんやあじ)】

 

年間販売数30万食(※)を越える中華そばは、豚骨と鶏ガラをていねいに炊き出したスープをベースに、魚介のうまみを効かせた豚骨醤油スープが特徴の「広島中華そば」です。

 

ちからでは「伝統のやさしい味わい」という意味を込めて「伝や味」と呼んでおります。

 

(※) 2019年10月以降販売データより

【カレー丼】

 

「ちから」の中でも本店、堀川店(ともに広島市中区)の2店舗で販売している丼メニューです。

 

カレーライスとは違った、だしのコクと風味を感じられる商品です。

「ローソン」様で販売される商品詳細

【カップ麺】ちから監修 広島中華そば 伝や味

(税込 248円、販売エリア:全国)

 

「ちから」の看板メニュー『中華そば 伝や味』を参考に開発しました。豚骨とチキンのうまみに魚介の風味をきかせた奥深い味わいの豚骨醤油味スープです。

具材にはチャーシュー、もやし、ねぎを使用しました。 

【調理麺】ちから監修 中華そば

(税込 559円、販売エリア:中四国地方)

 

「ちから」の看板メニュー『中華そば 伝や味』を参考に開発しました

鶏ガラと魚介の旨みを加えた豚骨醤油のスープを使用。あっさりしていながらも奥深い味わいに仕上げました。麺には中細ストレート麺、具材には同店を参考にチャーシュー、もやし、ねぎを使用しました。

【弁当・丼】ちから監修 カレー丼(牛肉入り)

(税込 538円、販売エリア:中四国地方)

 

「ちから」の『カレー丼』を参考に開発しました。

カレーは、魚介のだしを効かせ甘みのある味わいに仕上げました。具材にはカレーで和えた牛肉と、玉ねぎ、長ねぎを使用しました。 

販売期間

2023年1月17日(火)〜  (期間限定販売のため、終売日未定)

販売店舗

カップ麺 :全国のローソン店舗(13,964店:2022年11月末時点、「ローソンストア100」を除く) 

調理麺・丼:中四国地方のローソン店舗(約1,500店:2022年11月末時点、山口県下関市の一部地域を除く) 

(※ 一部取り扱いのない店舗もございます)